沼津の「ボルカノ」でバラエティランチ

大手町にあるイタリアン?レストラン。

名古屋に近いわけでもない、この沼津に、
あんかけスパゲティ文化を布教したお店のようですよ。

お店は駅の南口から伸びるメインストリートにあるのだけど、
まぁ、周囲のテナントはスッカスカになってて寂しい限りであります。

近年、移転したばかりということで、
中は落ち着いた雰囲気で、こざっぱりと綺麗。
テーブルもゆったりとしたいい感じのお店になっていますね。

オバちゃんたちの対応もあったかい感じです。

すでにランチには遅い時間だったのですが、
お客さんが途切れないのが地場の人気店故ですね。
老若男女が集い、無心にあんかけスパをすすっている奇な光景です。

概ね名古屋由来のスタイルですが、
レバーソテーの乗ったカルーソ、ベーコン野菜のマテリシャーナ等、
聞き慣れぬメニューも見られます。

普段、イタリア人が唖然と開けた口の中に、
あんかけを流しこむようなことをやってる割に
無駄にそれっぽくかっこつけたネーミングがイラつきますよね!

また、ボケーっとしてたら、背後からカタコト風の言葉が聞こえるから、
アジア人パートだと思ったら、奥さんがマッサンばりの美人白人。

パスタを知らない国の方であることを心から祈りますが、
もう、ほんと、よそ者には良くわかんない謎めくお店なのであります。

このお店が旅の主要な目的だったのに!!
まんまと撮影を忘れるという、大失態であります。

普段はしないツイッター投稿をした残りが残ってて助かった!
つか、むしろそんなことしてたせいで忘れたんだな!

注文したのはバラエティランチであります。

あんかけ定番のミラネーゼにハンバーグ、ごはん、酢キャベツ、
ダメ押しでピザまで乗っかった、実に雑多な盛り合わせ!

ちなみに、沼津ではあんかけスパに白飯と、
何故か仏風にシュクルートと呼ぶ酢キャベツがついちゃう
”ランチ”という形態が定番になっているようです。

発想がデブのそれなので、親近感がわきますね。

お味は・・・微妙です。

グダグダの炒めスパにかかった餡は、
セロリかなんかの風味が強いのですが、
塩っけも含め、なんともいえず、はっきりしないお味。
さらに具の色だけ目立つ魚肉ソーセージも、またはっきりしないお味。

どこぞの安弁当に入ってそうなバーグに、
昭和の頃、冷凍で売ってたようなもっさりビザ。

ただ、一点、かなり酸っぱいキャベツの存在でもって、
皿の中を無理やり引き締めるようなバランスです。

昔、名古屋で食べた時も微妙な印象だったけど、
こちらのそれはさらにマイルドにしたような感じかな。
餡の量もちょっともの足りないのですね。

聞くところによると、タバスコやら卓上の調味料を総動員して、
よく混ぜて食べるのだとか。

それにしても、産湯があんかけではない外県人には、
言うほどの輝きが見えないソウルフードでありました。

なお、みんな、ちっこいコーヒー飲んでるなぁと思ったら
会計の際、次回使えるドリンク券をいただけます

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大