沼津港の「にし与」で魚河岸定食

沼津港にあるとんかつ屋さん。

港の朝食をいただきにやってまいりました!

旅の楽しみは幾つもありますが、
食べ好きの私としては、ホテルの朝食をうっちゃっても、
地場の朝食風景を覗いてみたくなっちゃうのよ。

沼津港はご当地の数少ない観光スポットである一方で
魚市場や水産業、加工工場も現役で動いているため、
そこで働く人たちの食堂機能も担っているみたいです。

そんなわけで、朝早くから営業している飲食店もいくつか存在しますよ。

こちらのお店はメインストリートからちょい奥まったビルの中にあるのですが、
早朝から、なかなかの活況を見せていますね。

カウンターに陣取る常連のおっちゃん達や
お店のお母さんたちのチャキチャキな感じなど、
いかにも市場食堂の雰囲気です。

名代もとんかつなのですが、
完全な地元目線の営業というわけでもなく、
観光向けの海鮮丼なんかも普通にアピールして、
どちらも快く受け入れるお店みたいです。

イチオシの魚河岸定食は、
港内の他店やこの店内の他メニューと比べても、
お手頃なお値段でサービスされているようで、
一人で来たのなら、オーダーはほぼこれ一択といっていいでしょう。

マグロ、サヨリ、イナダのお刺身三種盛りと
ふんわり炊けたサンマの小鉢にしじみ汁。
ご飯はオッサン向きなのか、ちょい軟い炊きあがり。

なんと、これらは脇役で

フライ盛りがドーンとついてきちゃうのよ!
デブ、朝からカロリーとりすぎの衝撃映像です。

アジフライが食べたかったんだけど、こりゃ旨いな!!
食感サクッと軽くて、なんともフンワリと揚っているではありませんか!

その他、イカも柔らかく、
普段、病院食でしかアピールしないようなサワラさんも
なるほどこんなにおいしくフライになるのかというビックリです。

ザッケない部分もあるお店ですが、
そういうとこも含めて、港っぽいらしさを味わえますな。

また、メニューにはありませんが、
地元向きに日替わりの朝定食が設定されているようです。

やはり揚げ物と魚料理の構成で更に安く、
その詞の仕入れを反映した内容になっているみたいですね。
慣れてくれば、そっちを攻めるのも良いでしょう。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大