石川町の「花潮」できざみ鴨せいろ

リセンヌ小路にあるお蕎麦屋さん。

この日、石川町はチャーミングセールで大混雑。
人混みに揉まれまくった我々は、食事も蕎麦などをツルッと流して済まそうかという疲労感です。

しかし、あれでいて、意外にあなどれない「木の芽」は外までの行列。
そういえば、裏にももう一軒あったなとやってきた次第です。

でも、なんか印象が違うなと思ったんだよね。
帰って検索してみたら、汐汲坂から移ってきた「まつむら」はすでに閉店しており、その後に入った新しいお店みたいなのよ。

マーカーで書いたような看板も安っぽいし、店内もどこかくたびれた印象。
セール真っ最中だと言うのにお客は我々だけだし、ちょっと不安がよぎります。

きざみ鴨せいろがあったので、一瞬「田中屋」の系列かと思ったのですが、ぜんぜん違うものでした。

お蕎麦はぶっと田舎風。
茹で上げがちょい早いんじゃないかというネッツリ歯ざわり。
お蕎麦の味や香りという面では特に印象に残らず、デブにはただただ少ねぇわ!

つゆはしょっぱく、鴨を入れてもやや厚みに欠けます。
予め山椒を入れちゃうのも好き好きなんじゃなかろうか。

また、他にお客が多いわけでもないのに、スタッフの対応はすこぶる気が利かないです。
蕎麦は届いても、汁が遅々として届かなかったり、やっぱり、叫んで頼まなきゃ出てこない蕎麦湯は人数分に足りないし。

お値段には釣り合ってないなという印象です。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大