岐阜の「ちょっとよっとくれ 和良」から郡上飛騨うまいものセット2

郡上市にあるスーパー。

せっかくなので、ふるさと割を利用して、
各地の産品をいろいろ買ってみようと検索していたんだけど、
どの県の商品もけっこう似たり寄ったりなんだよな。

そんな中、このセットには面白そうな郷土色を感じたの。

山ん中にある食品店の冷蔵ケースに入ってそうなこの商品よ!

後述のあげづけを筆頭に、
ごん太ブリブリだけど、言うほど醤油っぽくはない明方フランク醤油味。
結局、親子丼にしてしまった焦げ香の無い焼きとりパック。 
細縮れ麺がノスタルジックな飛騨老田屋中華そば。

そして一番気に入ったスタミナチキンの醤油、みそ味というセット。

味噌醤油どっちもイケます。
いわゆる”鶏ちゃん”用のお肉なんだろうけど、
こういう味付け肉にありがちなゲスさや臭みが薄く、
淡白な中に、程よくスタミナが効いて、なかなか旨いじゃん!

うちではキャベツや野菜と炒めたのですが、
これは冷蔵庫に常備しておいてもいいな。
 

そして主役は飛騨「古川屋」のあげづけですよ。

マツコ絶賛という言葉が何よりの権威になっている昨今。

でも、これがセンターか??
そもそも4パックもいるか??

そんな疑問が脳内をグルグル回って、思わずポチってしまったのです。

どうやら、厚めの油揚げにタレをジュッとしたものみたい。
パックではヘナヘナですが、パン焼きで炙るとパリっと戻ってきます。

お味は醤油寄りの甘辛で、調味はやや抑え目。
うっかり大根おろしを添えると埋没してしまう感じです。

でも、なんだか知らないけど、
そのままひょいひょい摘める塩梅でもあり、不思議。

いぶし銀の商品でした。

レクタン大