箱根湯本の「ちもと」で湯もち

商店街の外れにある和菓子屋さん。

箱根土産のど定番ですね。

湯本のお土産街にはいくつものお菓子屋さんがありますが、
近年は同じ資本が、商品ごとに看板替えて出店するようなゲス風景。

そういうのはマルっと無視して、こちらに直行して下さい。

お店に来るのは、しばらくぶりだったのですが、
さっぱりと化粧直しされたようですね。

お隣の店舗も併合して、モダンな感じのカフェも出来ました。
案の定、二桁組待ちで泣く泣く断念したんだけどな!!

看板の湯もちと八里の詰め合わせ。
これはお土産でよく貰うよね!

八里は馬子の鈴を模したミニ最中で、
ちゃんと三色の色紐で結んであるところが洒落てますよね。
モサい温泉饅頭に囲まれるとひときわ雅に見えますわ。

湯もちはトルントルンのやわらなめらかなお餅の中に、
細かな拍子木に切られた羊羹が散らされ、ほんのり柚の香という、
こちらでしか食べられない、おいしいお菓子であります。

こう見えて、お土産渡すくらいの日持ちもしますので、
やはり一番のオススメになります。

奥の雅はこちらでは珍しいつぶあんを香ばしい皮で挟んだもの。
週末限定の初花は白あんにクルミの焼き菓子です。

小ぶりな草だんごもすっとしたこしあんで、
田舎っぽくなく、上品な味わい。

わらび餅は中に餡を包んだタイプ。
きなこがたっぷりかかって風味もいいですが、
その中を通ってくるよう、もうちょい餡が強くてもいいな。

練切は姿も美しく、お味も良いです。
こういうのを食べてみると、
市井の饅頭屋さんの系統では無いだなと分かります。

今回は宿が近かったので、
主要なお菓子をちょいちょい並べ食べてみましたが、
どれもすっきりと上品な味わいでおいしいですね。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★
レクタン大
レクタン大