平塚の「大黒庵 本店」でラーメン

駅北口から程近い場所にあるお蕎麦屋さん。
駅ビルにも支店が入っているよね。

一見、何の変哲もない蕎麦屋の体裁なんだが、
店頭に「石神本に紹介」みたいなことがばっちアピールされている。

081220-002

お店も極普通の町蕎麦屋スタイル。
昼には遅い時間なのに席は地元客で埋まっていて、活気があるよ。

ただ、この蕎麦屋、壁に貼られている品書きで押されているのはラーメンなのだ。
なにやら、9割の客はラーメンを頼むんだとか・・・
いっそ蕎麦屋を廃業してしまえ!

081220-004

ということで、ラーメンをいただいた。

見た目からしてノスタルジックな昭和風。
麺のちじれ具合とか、どこぞのスケートリンクで出てきそうな雰囲気じゃん。

スープのお味はかなり醤油が立ってる感じ。
ちょい変な風味が残るなと思ったら、蜆らしい。
確かに気をつけて味わってみると、これはしじみのダシだとわかる。
面白いコクがあってちょっと変わってるんだけど、全体ではオーソドックスな仕上がり。

麺もややゴワで、しっかりとした歯ごたえがあって好みのタイプ。
自家製麺で、やはり歯ごたえが特徴なんだと書いてあった。

食った直後はまぁまぁだなぁと思ったんだが、
今、これを書いていて、また食べたくなっている。

面白いお店だよ。

レクタン大

コメント

  1. ぽん太 より:

    ここのラーメンは、確かにスープに独特の風味があるとは思っていたのですが、しじみだったんですね。麺も、固くしてもらうとバキバキした?感じになり、学生時代に生煮えで食べてしまった袋ラーメンの食感をちょっと思い出しました(笑) そういった、昭和のかほりの漂う味ですね。 実は、甘みの強い出汁ですが、そばの方も結構イケたような記憶があります。まあ、その記憶も20年ほど前のおもひでですが(笑)

  2. 管理人 より:

    >ぽん太さん
    そうですね、蕎麦ツユも一度は試してみたいですね。
    こういう頑張っているお店は、ハンパなもんを出さないはず!

  3. ぽん太 より:

    そうですね! ここの親父は趣味も頑張っていて?カウンタックに乗って爆走しています(笑) 実はここの社長と実家が非常に近くて・・・ こんな情報要りませんね(笑)

  4. 管理人 より:

    >ぽん太さん
    カウンタックはすげー!蕎麦屋儲かってるな!