平塚の「カフェ・イン」でコーヒーゼリー

参道の一本裏手にある古民家カフェ。

食べ物屋さんは選択肢が無い訳じゃない駅周辺だけど、
カフェに関しては絶望的状況で、ほぼこちらの一択だと思うんだよね。

周辺にあんまり似合わないような雰囲気あるお店。

静かで、まったりした時間が流れていて、
気張らずに利用できる良いカフェなのです。

ちょうどお祭だったんだけど、
観光客というよりは地元の常連さん達で賑わっていたな。

今回はじめてカウンターに座ってみたところ、
よく見てみると、奥の壁に珈琲の銘柄が各種貼ってあるんだよ。

それもカップ・オブ・うんちゃらなレベルの農園豆。
メニューに乗ってないから全然気が付かなかったわ。

これまで、おやつ目的で利用してたんだけど、
実態はむしろガチガチな珈琲店だったのか!

そういえばブレンドもやけに旨かったもんな!

コンテスト高位のサンプル豆を混ぜちゃったグァテマラを。

うーんって迷ってると、それぞれの豆の香りを確認させてくれたり、
謎多きマスターは丁寧に対応してくれるのよ。

こっちは北海道の名水で作ったというコーヒーゼリー。

しっかりエッジが立つくらいの固まりぐらいで、
後からシロップやクリームをかけていただくんだけど、
ベースのゼリーがほの酸っぱくて、フルーツのような普通のそれとはちょい違う風合いよ。

珈琲って豆によって表情も様々なんだろうね。

次回はホットケーキ食べたいな!

レクタン大

コメント

  1. ぽん太 より:

    ああ!! やはり七夕期間中にお立ち寄りいただいていたんですね! コーヒーゼリー、一味違いますよね~。 厨房?の壁に貼ってある豆の説明をよ~く見ていると、扱っている豆の種類もすこ~しずつ変化していっているのがわかります。まあ、間違い探しみたいなレベルですが(笑) 先日立ち寄った時に『七夕期間中に恰幅のよい紳士がお茶していませんでした?』と尋ねたところ、マスターは穏やかに微笑みながら『んん~? どうだったかなあ~?』と。 看板娘のネコちゃんが寝返りをうつなか、まったりとした時が流れていました。

  2. 管理人 より:

    >ぽん太さん
    一見シンプルなお店ですが、
    飽きの来ない深みがありますよね。
    色んな珈琲を楽しみに、おやつも楽しみに、また寄りたいと思います!