平塚の「コンディトライ バッハマン」でバームクーヘン

八重咲町にあるドイツ菓子のお店。

以前、訪れたのはイートインがあった頃だから、随分と前のことになるんだな。

ドイツ系のお菓子は正直、あんまり刺さってこないので、印象も強くなかったんだけど、今回改めて、ケースの中を見てみると、どれもピシッとした佇まいで非常に美味しそうなんだよね。現地そのままというよりは、日本の美意識も含めて磨かれたようなステキ菓子であります。

生憎、この日は酷暑で、お持ち帰りは断念したのですが、今度は保冷バッグ持参で、いろいろ買って帰りたいな!

とりあえず、暑さに強そうな焼き物をいくつか。

向こうのお菓子だけでなく、平塚地場素材のはちみつやバラを使ったラスクやサブレも作っているようです。これらはいかにもお土産品スタイルですが、歯ざわり心地よく、お味は悪くないです。

名物のバームクーヘンも、久々に味わいました。

いやぁ、旨いですよ。

ほどよい甘さにほっこり焼かれており、ほのかに漂うスパイスの香りが異国のお菓子って感じ。でも、ぜんぜん肩肘張って無くて、我々の肌にもすんなり馴染んできくるのです。

これは平塚に来たら毎回買って帰るべきなのに、どうしたんだデブ!