鎌倉の「あさくさ食堂」で上ロースカツ定食

駅前にある食堂。

かつての鎌倉観光をしのばせる数少ないお店かも。

近年、ステキなお店が山ほど出来た鎌倉です。

いかに中年趣味な私でも、それらをさしおいて、
あえてこちらを攻めることも無いだろう思っておりました。

でもね、色々見かけるうちに気になってきちゃったんです。

飯屋なのか飲み屋なのかよく分からん状況ではありますが、
かつての食堂スタイルをダラダラ続けているのではなく、
推しを中心にメニューを再編したりして、ちょっと面白くもあったのよ。

薄暗い店内はクッタクタで、
ほんのりトイレの芳香剤が漂う場末な風景です。

びっくりしたのは、ちゃんとお客さんが入ってること!

オッサンや爺さんのピン客が多いみたいなんだけど、
定食なんかをアテに昼間から飲んでるみたい。

確かに今風鎌倉には、そんな居場所はないからな!

食べてみたかったのは
創業以来の看板であるというとんかつなのです。

なお、上を掲げていますが、並はメニューにありません。

店頭の写真ではかなりパワフルに見えたの。
でも、思ったよりも小ぶりでしたね。

ただ、非常に分厚いのです。
この価格で出すことを考えると十分に立派だな。

ちゃんとラードで揚げているので、香ばしく、
カリッとした衣に包まれたお肉も柔らかくいただけますよ。

甘めの自家製ソースも付きますが、
岩塩も添えられているので、レモン塩が良さそうです。

個人的にはもうちょっと脂身がほしいところですが、
これは決して悪くないとんかつだと思います。

ただ、他の定食パーツはチープで、
お店の感じやヲバちゃんのガチャガチャを含めると、
やはり今一皮剥けない感じでもありますね。

気にはなるんだけどね。

レクタン大