鎌倉の「笹寿司」で笹ずし

鶴ケ岡会館の近くにある笹巻き寿司屋さん。

小町通と段葛を結ぶ脇道に
ひっそり営業しているお店。

周囲の活性から取り残された感じだし、
気づかずに通りすぎてしまう方も多いかもしれませんね。

界隈で押し寿司というと「大船軒」のそれが定番になっていますが、
鎌倉ではこちらの商品がまず思い浮かぶんだよな。

今ほど飲食が充実してなかった頃は、
これをお弁当代わりにお散歩してたもんな。

久々に購入しましたが、お店はホントそのまんま。
婆さんは引退して娘さんの対応でした。

商品はこの笹ずしのみ。

笹に包んだお寿司を箱型に入れて押したものだよね。
お味は鮭と鯛の2色になっています。

魚片は小さく、あまり主張はしませんが、
代わりに笹の香をまとった酢飯が結構しっかり味。
ネタ目当てというよりは、こなれた一個のお味を楽しむ感じかな。

今、お店情報の検索をして、
初めてこれが金沢ルーツのお寿司であることを知りましたよ!

レクタン大