鎌倉の「豊島屋」でふきよせ

スポンサーリンク

鎌倉を代表するお菓子屋さん。

神奈川県民は折に触れ、全国各地へ贈答の鳩を飛ばすことがあります。

でも、コロナ自粛下の「豊島屋」は生産調整してて、ネットで頼むと納期指定は承れないとのこと。そんならば、店頭分を確保しようとそごうまで出張ってきました。

この日は食品階のみ営業中だったんだけど、想像以上に傷深き有様だったわ。閉鎖中の店舗も目立っておりましたし、店頭商品も通常よりだいぶ絞った展開で、なんとか店を開けているような状況でした。

食品や飲食分野だけでなく、地下街とかアパレル系はほぼほぼ死滅しておりましたし、皆さん本当にご苦労されているんだなと胸が痛い光景でした。

うんでね、せっかく出張ってきたので、自宅用にも鳩と・・・普段は買わないサイドのお菓子も試してみようかなと思い立ちました。

そもそもデパートの売店だと種類も限られちゃうんだけど、本店に行ってみると、いろいろな商品を取り扱ってて、サブレ一辺倒ではない、ちゃんとしたお菓子屋さんとしての側面もあるんだなと感じますね。

まずは吹き寄せ。

豊島屋はもともと瓦せんべいやさんだったらしいので、この手の焼き菓子は間違いないでしょうね。いろんなお味、風味、厚み、食感を散りばめてあり、飽きませんね。デスクの脇に置いとくと、ついつい手が伸びてしまう品です。これはキープだな。

銭洗いの泉というそばぼうろも危なげないお味です。

落ち着いてきたら、各種季節品なんかもならぶだろうし、「豊島屋」のお菓子をちょいちょい試してみる年にしようかなと思っています。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました