鎌倉の「井上蒲鉾店 小町店」でつみ入りつけ焼き

小町通りにある井上かまぼこ。

何やら店頭で焼いてる
香ばしい匂いに引きずられてしまいました。

本店でもおでんを売ってるし、
こういう立ち食い食も工夫するようになったんだね。

つみ入りつけ焼き。

商品でも売ってますが、我々が想像するつみれではなく、
つみれ的な成分が混じったやわらかすり身なんだよね。
食感ははんぺんとさつま揚げの中間くらいかな。

ホットプレートに湯を張って保温しているものを、
注文ごとに醤油ペタペタと焼いていくのだけど、
水分含んでいるので、これがなかなか付け焼けないという!

でも、真っ黒焦げな網の上でひたすら格闘しているうちに、
次のお客が匂いに釣られてやって来るという、なんかよくわからないサイクル。

すり身そのものはそれっぽく、
つみれの分、つけ焼きに対向する強さもあるんだけど、
それ以上に醤油がベッタリで、しょっぱい。

焼く前にちゃんと水分を拭いて、
醤油は薄く焦がす程度で仕上げてくれるとなお良いな。

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大