鎌倉の「ふくや」でつったい肉そば

本覚寺の近くにある山形そば屋さん。

ご当地蕎麦をいただけるということで、寄ってみたんだ。

鎌倉ニューウェーブという感じのオサレな体裁。

メニューには山形のつまみもいくつかあり
「茹で時間長いのでドリンクでもどうですか」なんて聞かれて
麺専科というよりは飲み屋寄りにシフトしてる感じです。

だいぶこじんまりとしたお店で
隣客とかなり密着しちゃうような距離でのお食事になります。

でも、それ以前にまず席に付けないという!

角型の重たいオサレ椅子がギッチギチに詰まっていて
隙間3cmくらいしかないし、どうやって足を通すんだと呆然。

一旦、上に登るのか??

仕方ないから、1席抜いて、後ろに下げといたら
食べてる最中に戻してくれって言われたわ。えーー

狭いので、いろいろ仕方ないにしても
あんま利用者視線に立ってない環境なので
先客いる場合は、普通に見送るのが賢明かもなぁ。

整った仕上がり。

蕎麦はエッジの立った田舎そばで、
グワグワして食べごたえがあります。

汁にはそばダシの他、鶏も入ってるんだろうけど、
比較的さっぱりと食わせるもの。

親鶏を使った鶏チャーシューはカチンコチンで
その分旨味が滲む感じでもなく、これは普通に柔らかいのがいいなぁ。

こちらでは珍しいメニューを食える面白さはあるけど、
あと引く感じではなかったな。

レクタン大

コメント

  1. ぴーさん より:

    六席しかないお店に、ふくよかな方は、難しいかと(笑)

  2. 管理人 より:

    >ぴーさんさん
    たしかにデブですが!
    この時5人で腕が触ってたから、6人の設定は欲張りすぎだと思います。
    それに、もし”少々お詰めください”シチュエーションが頻発するのなら、
    あんな椅子を置いてはいけないと思いますし、もうちょい柔軟に対応すべきです。