和田塚の「桃太郎」でいちご大福

由比ガ浜通りにある和菓子屋さん。

名物を買い忘れちゃったようなので、再び舞い戻ってきました!

京都ほど小憎らしくはありませんが、
鎌倉人っていうのはとかくアレな印象で、
触りづらいというか触りたくない選民オーラをまとっているわけですよ。

元々、住んでる奴、何代か前かが偉かった奴はもう仕方ないとしても、

文士気取り!学者気取り!
何ぞ丁寧な暮らしをしながら、
海の方を向いてパタゴニアを着てしまう奴とか!
やたら流れ着いて来るイメージがあって、もうどうしようもないのです。
名将の剣を海ではなく、そっちに投げたい気分!

こちらはそんな?鎌倉人が常用しているというお店で、
実直で侮りがたいお菓子を作っています。

名物は意外にもいちご大福なんだそうですよ。
確かにあとから来たお客さん達もごっそり買っていきますわ。

いちご大福。

長らくキワモノとして扱われておりましたが、
今ではすっかり市民権を得ていますよね。

出始めは小倉餡がほとんどだったと思うけど、
こちらのように白あんを使うお店も出てきましたね。

そして、白あんにしてるお店はたいてい気が利いている!(当社調べ)
小倉の風味も魅力なんだけど、いちごのを主で立たせるならば、
出しゃばらない白あんで支えるのが最適だと思うのよ!

そうそう!ちなみに時間の経ったいちご大福を食べると
舌先がピリピリ来るのは、イチゴとあんこの糖分がアルコール発酵するからなんだそうですよ!

もちろん、こちらの大福は作りたてで、
ベッチョリするような気配もなく、非常にクリアな食べ口でありました。

なるほど、おいしいいちご大福。
表面に乳首が透けるのもチャーミングだよね。

ついでに買った、どら焼きはわりとしっかり焼き。次の日食べたからかな?
こっちは皮に負けない小倉餡です。

レクタン大