鎌倉の「美鈴」で栗羊羹、姫柿

「美鈴」の月替りを食べつくせ企画。

10月のお菓子は栗羊羹です!

詩は「秋そのものが栗であり 栗そのものが秋でもある ひと粒の栗の実の中に 涙の味がこぼれ落つ」

秋=栗=秋

方代さん、初めての名フレーズが炸裂!

栗食って、なんで泣くのかはさっぱり分からんけどな!!

秋限定羊羹として栗羊羹が出てくるんじゃなく、
これが月のお菓子になってたのか。

知らずに「栗羊羹と月のお菓子を」なんてダブりオーダーをしてたわ。

綺麗な黄金色に輝く羊羹なので、
もうちょっと、ザ・栗なテイストを予想していたのですが
白あん羊羹のべースに、栗の蜜煮が散らされた感じです。

具の栗は素朴な風味を残しつつ、
羊羹はやはり素直な甘さでおいしく思います。

でもね、もっと栗を入れてほしい!!
切り方によってはちょろりとか入らなくて寂しいの!!
値段上げてもいいので、ボッコボコに入れてくれるとうれしいです。

11月のお菓子は姫柿。

「蔦もみじ こがねき色に 透けりたり」とのことです。

砂糖まぶしのこしあんの中に求肥が隠れていますよ。
特に面白きお味ではないのですが、ズバッと決まってます。

こういう小粒菓子の時はたいてい当たりだと思うの!
一粒でも満足できるくらいのパンチがあって、おいしいです。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. みこにゃー より:

    行くタイミングが悪いのか、美鈴さんは完売してることが多いです。
    予約すればいいんだろうけど、そこまでできない私のずぼらさ・・・。

    代わりと言ってはなんですが、大船の「もり菓子店」の豆大福と、鎌倉の「桃太郎」の苺大福は結構な頻度で食べてる、今年の冬です。

  2. 管理人 より:

    >みこにゃーさん
    私も飲食の予約って苦手。
    なんか行動を縛られる感じでさ。
    でも、今回は売り切れゴメンというわけにもいかないので
    当日の出掛けに電話をかけるようにしています。
    「桃太郎」は記事公開おっついてないけど、おいしかったなぁ。