鎌倉の「美鈴」でこがらし、雪中梅

宝戒寺の近くにある和菓子屋さん。

月替りのお菓子をいただくシリーズです。

12月のお菓子はこがらし。

詩は「いちめんの 土に咲いたる 天の霜 三千の威儀 とどこりなし」

方代さんは”三千世界”て言葉が好き過ぎだと思うの!
もう山崎スリーサウザンドって改名した方がいいよ。

お菓子はずっしりとした棹物であります。
大サイズを買ってきたのではなかろうか?

茅葺屋根に雪の積もり風情を模した姿。
素朴な小倉餡を芯に、ちょっと粉の入ったようなサックリ餡が外を包んでいます。

かっこつけた茶会菓子とはちょい違い、
どこか田舎っぽい、小倉らしい小倉のお味が楽しめて、よろしいです。

1月のお菓子は雪中梅。

詩は「ふかぶかと 雪をかむれど 億万の 春の蕾は ほころびんとす」

数の桁がふえたーーーー!!!

さて、お菓子は淡雪に練切や羊羹を散らしたもの。
いわゆるメレンゲですな。

柔らかく、シュワっと口溶けていくのですが、
甘みはしっかりと印象を残して、良い感じの仕上がってます。
これもおいしいです。

この姿、どことなくお弁当を想起してしまう私。
白飯の上に梅干しとたくあんとコブみたいな配色じゃん?!

聞くところによると「美鈴」にはこれら月ものの他に
おはぎや、栗きんとん、花びら餅等の季節菓があるんだそうですよ。

まぁ、来年以降だな!

レクタン大