川崎大師の「住吉」で久寿餅

大師の山門前にババーンと鎮座する久寿餅のお店。

天保年間創業。
ここらじゃ一番の老舗ってことなんだろうか?
表参道に同じ名前のお店があって紛らわしいんだよな!!

物販のコーナーの隅っこにちょっとしたイートインが用意されているの。
店頭で会計を済まして、ぱっと食って、ぱっと追い出されるという、
ありがちな観光客シフトの喫茶室だよ。

ちなみに私は久寿餅って奴が苦手だ!!
このサイトでそう書くのはもう何度目だろうか・・・

嫌いなら食わなければいい!
そう、そのとおり!

しかし、我々の人生には久寿餅を食べなければならない・・・
そんな節目が必ず存在するのも事実!

なにせ、ここらには久寿餅屋しか無いんだから!

やってきました!
葛粉を使わない久寿餅!

アオミドロのようなお茶もすごいんだけど、
びっくりするのはこれでもかとかけられた黒蜜ときなこ!!

持ち帰り品では、全然足んないもんだから、
きなこにガンガン吸収されて終わる黒蜜・・・
おかげで喉の奥がバッサバサになるじゃんか!

それがこの喫茶室だと湯水のように振舞われている現実を見よ!
アラブの王侯貴族か!!

久寿餅を蜜に泳がせることができるなんて・・・
ああ、私は今、はじめて久寿餅の真の姿を知ったのかもしれない!

あえてもう一つの住吉と比べると、
表面のツルン感が少なく、しっかりとした食感なのかな。

ただ、基本はどっちも久寿餅のそのものなので、
どっちが優れているとかの比較は難しいね。

でも、やっぱ、こりゃ蜜たっぷりで食べるもんだわ。
そしてイートインでなるべくできたてを食べるもんなのかも・・・

持ち帰りの蜜は圧倒的に少なすぎると思う!

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大