新丸子の「昭和堂」で氷おしるこ

新丸子商店街にある和菓子屋さん。

ゴローちゃんも食ってたのか!

梅雨明けの猛暑の中を歩いてきて、
さすがに水分補給をしなきゃ死ぬなと。

とりあえず、どっか避難しなきゃと思ってたところへ
風に揺れるかき氷の文字が突き刺さってきたのです。

名前の通り、昭和からやってる感じのお店で、
ショーケースには気取らない下町和菓子が並んでいますね。

喫茶部は中二階。
薄暗く、場末臭がこもったような環境ですが、
こういうのもいずれ消えゆく風景だと思うと、
味わいを感じなくもありません。

一年中やっているというかき氷はいずれも庶民価格。
しかも、お子さん割引まであるようです。

こういう休憩スポットがあるのはステキです。

ここはやはりアンコを絡めたく、
氷おしるこのオーダー。

個人的には抹茶の宇治金よりも、
すいベースのこっちの方が好き。

氷はゴリゴリしないやわらかなもの。
素朴なアンコはたっぷり隠れており、
白玉はもっちり柔らかです。

かき氷は終盤溶けてくると、
ゲスいシロップを飲むようになってイマイチですが、
これは文字通り、冷たいおしるこになっていい感じです。

ただ、昭和デコスプーンがちんまりしてて食べづらいかも。

レクタン大