アゼリアの「ピヨ」でスタミナカレー

アゼリアに入っているカレースタンド。

リニューアル後のアゼリアを見て、たまげたよ。
中身を問う前に、まず誰がこの地下街をデザインしたのかと!!

なんぞ都会っぽく背伸びしたつもりなのでしょうか。
なんかとっつきにくくなってるし、むしろうそ寒さや寂れ風を加速してるだけじゃね?これなら前の猥雑な風景の方が、なんぼかマシだった気がするぞ。

ラゾーナ以降、大きく変革した川崎駅周辺ではありますが、駅のこっち側を歩く奴らは一筋縄じゃいかねぇからな!

そんな、リニューアル大失敗の地下街に、シレッとすまし顔で収まっていたのが、こちらのお店。

二度、たまげたわ。

ピヨがきれいになっとる・・・
しかも、お江戸の駅ナカに入ってそうなこの体裁。嘘だろ!

お店は近代化しましたが、孤独なオッサンや兄さんがフラッと集まる様子は変わっておりませんね。皆、席につくなり、自分流のトッピングオーダーをかましたりして玄人感を醸しています。迷いが無ぇ!

今回はすじ煮込みが乗ったスタミナカレーをいただきました。

カレーはごくごく定番の欧風ルーに若干のスパイスで悪あがきをした感じ。
どちらかというとソース寄りのチューンなので、一番人気のカツカレー等、揚げ物やチーズのトッピングと相性が良いと思います。

ただ、煮締まった牛スジに合わせる場合は、若干塩分が過剰になる気がします。

改装で幾つかの名物店が消えて寂しい中で、よくぞ生き残ってくれたという感慨のひとしおも加わります。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大