川崎の「多福楼」で五目チャーボン

いさご通りにある中華屋さん。

お祭りの時にそれっぽい刀削麺とか麻辣串とかを売ってたとこなので、気にはなっておりました。

この日たまたま店頭を通りがかったところ、”チャ~ボン”なる謎メニューを看板に掲げているではありませんか!これを素通りする訳にはいきませんとも。

お店は半地下になっており、薄暗い場末風。
川崎らしいと言えばらしいのですが、一瞬、失敗したかな感もよぎります。

ただ、他に数多選択肢のある繁華街の中で、予想以上の賑わいも見せておりますよ。

昔の香港コメディに出てきそうな陽気なオッチャン店員もキャラが立ってますし、独特な雰囲気です。

メニューにはそれなりに気になるものもありますが、本格料理店というよりは中華居酒屋的な性格のお店なのかな。おつまみになる小皿料理なんかが安いですね。

これが、お店イチオシのオリジナルメニュー、チャーボン!!

説明を読んでみると長崎名物である”ちゃんぽん”の元になったであろう福建料理を再現したものなんだって。ただ、”ちゃんぽん”とは福建の方言で「ご飯を食べる」という意味とも書いてあり、何を根拠にこの料理をルーツとしたのかは定かではありません。

だって、汁なしだし!あんかけ焼きそばだし!
むしろ、我々横浜人にとっては、かの梅蘭焼きそばのルーツは福建料理だったのかという感慨の方が強いですね。

やはりパリッと焼き付けた麺に卵を流しかけ円盤状にしたものがベース。
餡を中に入れるのが梅蘭で、上からかけるのが多福楼のスタイルとなります。

なお、料理写真では上品な塩餡がかかっていますが、実際に出てきたのはゲスい醤油餡でした。

やはりオススメの爆汁!ていちゃんの焼き餃子。
値段も手頃だし、ぷっくり大ぶりでまずまずです。

汁無し牛バラ刀削麺。
肉のかさ増しとして煮しまった厚揚げが見えたことでかえって評価高まりますよ。なんか手作り感あっていいじゃない。お肉も柔らかく煮込んであって、山椒や香菜なんかの風味でそれっぽく仕上がっています。

お料理は川崎らしく、やや抜けたとこもあるんだけど、気さくで 面白いお店かもね。

カスタムフィールド

オススメ: ★

レクタン大
レクタン大