川崎の「ビーフバンク」でビーフバンク丼M

京急の出口近くにあるビーフ丼のお店。

少し前にローストビーフ丼が流行りましたが、その亜流といえますか。
低温調理した塊肉を比較的厚めに削いで、これでもかと盛り付けた丼が看板です。

昼間に行列してるとこも何度か見てたので、私も食べてみたいなと思っていたのよ。

NY風な割とかっこいいお店。
カウンター数席の低キャパですが、メニューはビーフ丼のみなので、提供は早いですよ。

丼のMサイズには、お肉が300gも乗っかっているの!
ぶっちゃけ、着丼の瞬間がこのお料理のクライマックスです!!

調味は卓上のおろしポン酢や塩コショウでご自由に。
お肉は柔らかく焼けていますが、味わい的には、まぁ肉を食ってるなと思えるギリギリのラインかな。

飯が余る心配が皆無なくらい、たっぷりな肉盛りなのに、単調な味わいが続くうちに、それほど嬉しくは思わなくなってくるから怖いわ。

やはり、焼き目の香ばしさや脂は重要なんだなぁ。

こちらは季節の限定丼、おろしわさびビーフ丼です。

安いおろしがちょこんと乗っただけで、だいぶ助かりますね。
他にもトッピングなどはありますので、ご検討ください。

なお、こちらは150gのSサイズ。
お肉もこれくらいが適量かもしれませんね。

ちなみに50gごとに刻んでのオーダーが可能なのですが、ほんとはMとの間に200gのサイズあるとちょうどいいね。

”牛の旨いやつ”という謎めくメニュー。

思わず頼んでしまいましたが、牛スネかなにかを細切れにして、チャンジャみたいに韓国味で和えたものでした。

どちらかと言うとつまみだし、一人分にはやや多いかな。
ただ、丼に飽きた時の味変に使えますよ。

この他、ドリンク等のサイドも安価な設定で頼みやすいです。