川崎アゼリアの「ピヨ」でスペシャルカレー

地下街にあるカレースタンド。

これまでずっと素通りしてしまったお店よ。

てっきり、地場のインディーズかと思ったんだけど、
検索してみたら、植田まさしタッチなロゴマークが合致したのは、
はるばる大阪梅田の一軒だったりして、お店の謎はますます深まるぜ・・・

さておき、地下街では比較的古いお店らしく、
店内にはややくたびれも見える感じ。

カウンターのみの客席は、オヤジ色に染められていて、
無言でパッと食って、パッと帰るような殺伐とした空気が流れているな。

学生っぽいネーチャンが、
注文をさばいたり、会計をしたり、
キッチンから怒られたり、また怒られたりしながら、頑張ってたよ。

メニューはカレー屋のオーソドックス。
値段はトッピングを欲張らなければ、手頃だと思う。

スペシャルカレーは、一番人気というビーフカレーにカツを乗せたもの。

ビーフカレーといっても、
基本のカレーソ-スはおそらく同じもので、
肉片を転がすか否かの差だと思うよ。

旨いかマズいかといえば、十分旨い。
食べやすい欧風カレーに、スパイスもほどよく香る感じ。

カツの肉は相応に薄く、揚げ置きだけど、
衣の食感も残っているし、冷たくはないな。

粘度が低いので、皿が大きいと、薄く広がってしまう欠点はあるし、
猛烈に光るポイントも無いわけだが、

食べ飽きないという意味では、スタンドカレーの王道かと思う。

レクタン大