元住吉の「モントル」で長崎カステラ

東口の大通りを渡った先、木月住吉町にあるケーキ屋さん。

散歩してて、たまたま通りがかったらさ、
店頭に焼きたてのカステラがドデーンとならんでてさ!

こりゃ素通りするわけにはいかなくなったのよ!

お店は爺さんがやってるみたいで、
定番昭和ケーキとパイと焼き菓子でこじんまりなラインナップです。

パっと見、野暮ってぇと思ったあなた!

実は私もそう思いました。こりゃイマイチかなと。

でも、カステラ切れ端の試食とかもらっちゃったので、
何も買わないわけにもいかず、申し訳程度の購入だったわけなのです。

ところが、帰宅してチョビチョビ食べてみると、これがなかなか。
レトロで素朴な味があって、嫌いじゃなかった!

件のカステラはその場で食べた時、
だいぶマイルドな味わいだったので小パックに逃げたのだけど、
やっぱ焼きたてよりも冷めてからの方がお味も落ち着くようで、
これならカステラ一本買っておいても、損はなかったわ。

リーフパイは半面蜜、半面ザラメ。
大型多肉植物のような肉厚の葉っぱで、食べごたえあり。

レモンケーキはレーズンとピール入り。

真ん中のミートパイはトマト味のイメージがあったんだけど、 
芋の入った塩味で、シュウマイというかコロッケみたいだったな。

今度はちゃんと買おう。

レクタン大