油壷の「観潮荘」で三浦三崎の特選海鮮プラン

スポンサーリンク

小網代にある京急グループの宿です。

かながわ旅割を使って安く泊まってきましたよ。

かつては京急の夢が詰まっていた油壷でありますが、長いこと燻っていた久里浜線の延伸計画はついに凍結され、マリンパークも閉園。とっくに沈んだ太陽が再び登る日は来るのだろうかという寂びっぷりでありました。

我々横浜市民にとっては手近な観光地ではあるし、近々、テコ入れがなされる的なアナウンスもありましたけど、海水浴といっても、断崖を降った先にあるのは小さくて小汚い急深の浜ですから、この先も多くの人を呼べるとは思えないんだよね。駅や港とのアクセスの悪さもあるし。

重要な拠点となるこちらのホテルも、すでに予想を超えるガッタガタでさ。低層とはいえ、EVも無いし、部屋も風情を感じさせないボロさでもって、旅割の予約が埋まってなかった理由を知りました。

それでも、土日のロビーは日帰り入浴のお客さんで一杯。一応、薄い温泉が湧いており、小網代をちょろり望む露天風呂が楽しめるということで、三浦へドライブに来たお客さんたちには人気のようです。

ただ、単純な満員御礼というよか、決して大きくなくお風呂に宿泊者配慮の入場制限をしている関係で、待ちが出ている状況かもな。

夕食は眺めの良い宴会場でいただきます。

真ん中に海老天がどーんと見える時点で内容はお察しよ。いかにも昭和からアップデートされておらず、やはり閉館が発表された観音崎も含め、京急のホテルは食が弱いなぁと感じます。

ちっこいアワビの陶板焼き。

マグロのカマ煮。

三崎名物のマグロがメインとなり、期せずして中トロがおいしいです。

これにご飯とお味噌汁、デザートが付きました。

実際のところ、夕飯の分量としては、このくらいがほどほど。個人的には水増しした懐石コースよか、ちょっと豪華なお刺身膳の体裁の方が嬉しいので、もっと減らしても良いと思います。

こちらは朝食。マグロは角煮とねぎとろが付きました。

ちなみに小鍋は蟹の味噌汁なんだけど、食べづらいだけなので、無理にコンロ使わんでもいいんじゃねーかな?

この先、城ヶ島の跡地にふふが建ち、観音崎は共立リゾートの運営となるようですが、この油壺も何らかのリニューアルは不可避だろうなと思います。

温泉と海鮮を軸に上手いこと立て直してくれると良いのだけどね。

コメント一覧

  1. めっちゃ感じ悪い文

  2. 彼さんお疲れ様です\(^o^)/
    大阪シリーズ凄かったですね、少々体調が心配になりました!

    油壺マリンパークは残念でしたね(TдT)
    車の渋滞解消と大胆なテコ入れして元気になってほしいです。あとエモっぽいところもちょっと残してほしい!

  3. >匿名さん
    あそー

  4. >つぼちゃんさん
    そうね、道混むもんね。
    食のポテンシャルは高いと思うので、三浦海岸を拠点に電車で来て楽しい一泊旅行を整備する必要があると思います。

  5. 悪意がありすぎて、読んで不快でした。

  6. >匿名さん
    そんなか??と思って読み返してみたけど、特に問題は感じないな。
    まぁ読みに来たのが間違いだったということで。

タイトルとURLをコピーしました