小田原の「伊勢屋」で豆大福、片浦レモンの生ようかん

小田原宿なりわい交流館の近くにある和菓子屋さん。

東京や神奈川には「伊勢屋」という餅菓子屋がやたらにあるんだけど、
どういう歴史なのか、家系図もよく分からないんだよね。

ちなみにこちらは横須賀の「伊勢屋」がルーツらしい。

本店はお城の向こう側、1号線沿いにあるんだけど、
観光客というよりは、地元の皆さんに人気のお店っぽいよ。
行列まではありませんが、お客さんは途切れずやってくるようです。

最近では地場の素材を使った創作系も出しているみたいだけど、
棚には大福や切り餅、すあまにお団子といった、
おまんやさんの定番品が並んでいます。

値段もだいぶ手頃ですよ。

名物はやはり豆大福ということで、買ってきました。

ズッシリしてますが、餅皮はそれほど厚くなく、
むしろ、小田原人のアンコホリックにあわせて、
たっぷりと詰めたつぶあんが主役だと思います。

甘みはかなりさっぱりしており、
守谷のそれを思わせるようなバランス。

食感がやや硬くなっていました。
そこが本物らしいとこかな。

やはり朝の作りたてをいただくのが一番なんだろうけど、
夕食後を待たず、午後のお茶までに食べてしまうのがいいと思います。

片浦のレモンをつかった生羊羹は、
予想以上に鮮やかなレモンの風味で面白いね。

ただ、フレッシュな分、
皮の存在感がちょい荒っぽく、諸刃の剣でもあるかな。
もうちょい丸くてもいいし、羊羹として蜜っぽさもほしいところ。

つか、生羊羹て、なんだ?

なお、駅ビルにも支店が入ってるので、
散策の帰りにそっちでゲットするのも良いと思います。