追浜の「ぼん亭」でカツ丼

駅前交差点のくたびれた雑居ビルに入る飯屋。

表に看板が出ているのは気になっていたのだけど、
まさか自分が入ることになるとは思わなんだぜ。

てっきり空いてるだろうと思い、ガラリと扉を開けたら
中は作業着系の方々でほぼ満席!

驚いたわ。

いくら日も傾く追浜の地とはいえ、
他にいくらでも小奇麗なお店があるだろうにって思った!

みんな見知った常連さんみたいだったよ。

お店はカウンターと3卓のみのこじんまりとした佇まい。
揚げ油やら、オヤジ達の分泌物やらで、しっかりと煮締まった感じよ。

口は悪いが、よく働くおやっさんがやってるみたい。

定食屋さんてことなんだけど、
メインはフライものなのかな?

値段は総じて安く、良心的だ。

頼んだのはカツ丼ッス!
いかにもなルックスでドデン!

カツは薄めなんだけど、ゲテなコクは十分でてる。

ガテンな労働食らしく、甘辛強度の高いタレがどっぷり丼の下にたまるほど。

玉ねぎは生に近い辛味!グルーンピースもやけに硬い!

しかし、

しかし、どういうことか、
決して嫌な出来ではなかったんだわ。
玉子の状態もちょうどよくってさ。

むしろ、カツ丼を食ったぞ!という満足感を感じる一杯。

こんな風にちょっと野味あふれるほうが旨いのかもね。

レクタン大