横須賀中央の「さかくら総本家」で角なしさざゑ最中

駅前にある和菓子屋さん。

明治創業の老舗で市内に幾つか支店も展開しているという
横須賀では名の知れたお店らしいですよ。

本店は駅から歩道渡ってすぐの立地で、
嫌がおうにも目に入っていたんだけどさ、
なんか、これといった強い引きがなかったのよ。

店頭には階下のとんかつ屋の匂いが流れてきて、
お菓子を買う気分が盛り上がらないしな!

さてさて、若いアニキが対応してくれました。

ケースに並ぶお菓子は日持ちタイプ中心。
一応、上生菓子もあるんだけど、
ものによっては解凍品になるらしい。

看板は神奈川県指定名菓でもある角なしさざゑ最中。
餡は粒、こし、ゆずの3種類。

型がヘタっちゃってるのか、どうもサザエには見えないなぁ。
お味の方も特に感じるものは無し。

よく売れているというどら焼きの皮は
やや粉を感じるような、しっとり白っぽい焼き上がり。

しなびた餡ことの相性はむしろいいのだけど、
やっぱちょっとパックっぽい風味なんだよね。

気になっていた焼きモンブランは
スイートポテトの栗バージョン。
中に小さな渋皮栗が沈んでいて、上のポッチも生地です。

姿の茶色に濃厚な栗風味を期待しちゃいますが、
むしろ、バターの風味がだいぶ優っていて、
栗菓子としての満足感は低いです。

お店に思い入れがないと微妙かな。

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大