横須賀中央の「中華飯店」で大鹵麺

セントヨゼフ病院の登り口にある中華料理店。

観光系に露出することはほとんど無いのですが、
なにやら歴史有りげなお店なんですよね。

この日は街でイベントがあったのですが、
その打ち上げでもって、お偉い爺さん達が宴会を手配しちゃうような、
ローカル定番感と格式が漂うお店です。

もっともメニュー自体は気さくな麺飯中心で、
そこに幾つかの定番お料理が加わるようなレトロ体制。

お姉さんたちの客あしらいもこなれていますよね。
すごく好感がもてます。

名物という春巻のハーフサイズ。

通常の皮でなく、薄焼き卵で包んで揚げているため、
口当たりがソフトで上品です。

そういえば、関西で同じようなのを見たことあるよな。

宮廷料理を思わせる手技が面白く、
由来を知りたいところではありますが、

やっぱね、春巻って、バリっと食ってなんぼじゃね?
おいしいんだけどね。

宿題だった大鹵麺はダーローメンと読むみたいです。

どんなもんかと思ったら、中華のあんかけうどん!

豚、叩いたエビ、しいたけ、白菜などの具に、
塩ベースのあっさり掻玉スープがドロリ。

これが細うどんのような白麺に絡みまくって、舌火傷必至です!

スゲーあったまるし、スゲーボリュームでした。

冬季限定の名物、家常麺(ガチャメン)も忘れてはいけませんな!

これも相当ボリューミィな一杯ですよ!
丼自体もデカイし、波々入ってくるからな!

デフォで豚、海鮮、貝、白菜など、
いろいろな具の入った煮込みソバなのですが、
今回は気張って牡蠣も足した豪華版なので、
さらに濃厚なダシが楽しめます。

フェトチーネよりもさらに幅広な
平打ち自家製麺の食感も面白いんだよね。

やっぱ、旨い!!
あと、これも舌火傷するわ!

レクタン大