和歌山の「紀の里“旬”たより」から紅八朔

スポンサーリンク

JAタウン傘下、「JA紀の里」のネットショップです。

今回は紅八朔をお取り寄せしました。

様々なひらがな新品種が柑橘市場を席巻するようになった昨今。

すっかり頭の弱くなったオジサンは、どれがどんなお味の柑橘だったかを、翌シーズンにはさっぱり忘れてしまうから、非常に困ります。

一方で昔ながらの伊予柑や八朔などはあまり売れなくなってきているんだって。

たしかに新しい柑橘はどれも甘くて、おいしいのよ。ただ、そういうのばかり食べ続けていたら人間が軟弱になってしまうので、ときには酸味やさっぱりも挟みたくなりませんか?

私は八朔が好き。皮は厚くてむきづらいですが、サックリした果肉とホロ苦爽やかな味わいが良いのよね。

これは紅八朔なので、酸味や渋みは穏やか、より甘くジューシーでちょうどいい塩梅ですよ。

やっぱり、若干軟弱になっているか。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました