山形の「JA鶴岡」から荘内おばこ餅(三昧)

スポンサーリンク

皆さんはコロナ下の年末年始をいかがお過ごしだったでしょうか?

家族の生活や親戚づきあい等、諸々変化してきた昨今。個人的には年賀状、大掃除、年末の買出し、おせち作り、年越しそば、初詣、初売り、あいさつ回り……等々、そっくり止めちまおうかなと目論ろんでいたのです。

それでも、年の瀬を迎えると、やけにそわそわして、普通の生活をするのもなんだか寂しくて、結局、山程買い物して、それっぽい膳を見繕ってみたり。

習慣から脱することはげに難しく、何事も合理的には運びませんな。

餅もねぇ、田舎の親戚には大変だからもう送らなくていいよって言ってる一方で、やっぱ、何も無しというわけにもいかず、通販をしてしまいました。

ちなみに「食べさせて大丈夫かいな」と老親を心配している私ら自身が、ゲホゲホと誤飲するようになってきた今日このごろで、もうどうしようもねぇ状況なんだけどさ。みんあもマヂで気をつけような。

角餅の他、丸餅、よもぎ餅、豆餅の混じったセットです。ちなみに今年のお正月は京都かぶれの白味噌雑煮から始まりましたので、丸餅が良い働きをしてくれました。

山形の米どころでついたお餅ということで、むっちり豊かな食感でありましたよ。

しょうがねぇから細かく切ってよく噛んで食べたよ! 情けねぇな!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました