北海道の「佐藤水産」から北海道産新巻鮭といくら醤油漬

スポンサーリンク

これもポイント交換品です。

年末になると、なんだか新巻鮭を買いたくなってしまう昭和原人の私です。

そんでさ、毎度、失敗したなぁって思うのよ。でも、買わないでいるとソワソワしてしまう感じ、分りますか? 習慣の刷り込みって恐ろしいよね。

元々鮭が大好きですし、外出自粛の折、冷凍室にぶっこんでおけば、何食分かのおかずになって助かります。この商品は特に、ご家庭で持て余さない半身分を、予めカットしてあるから便利。

ただ、食べてみると、だいぶ蛋白で脂っ気抜けた印象なのよ。

減塩志向が一つの原因なんだろうね。元々甘塩に作っているから、塩抜きして使うことも無くなってきてるし、保存技術の発展により、塩漬けや熟成の期間が短くなっているのかも。かっちかちのしょっぱい鮭を、というか塩を、ちびちびやるのもまた楽しみだったんだけどな。

まぁ、その分、ヘルシーで、鮭の淡い味まで楽しむことができるのかもしれんけど、焼鮭としては、脂たっぷりな奴を塩水に漬ける製法の、普段スーパーなんかで買う品の方が、むしろ魅力的に感じるようになってますよ。安いしね。

なお、いくらの60gは、ほんのちょびっとなので、大根おろしの飾りにしかなりませんぞ。

コメント一覧

  1. 頭が痛くなるような塩気の鮭って最近さっぱり出会いませんよね。
    その為ここ数年は秋田のぼたっこ一択です。

  2. 焼いて白くなっちゃうような塩ジャケはもう絶滅したんしょうか...残念です...

  3. >kaoさん
    ぼたっこ、初めて知りました。物産展で来ないかな?
    昔、弘明寺の漬物屋で売ってた辛口鮭がしょっぱ旨かったんだよなぁ。

  4. >湘南電車さん
    塩漬けの荒巻鮭が売ってないわけではないんですが、
    どうも熟成感が薄っぺらくて、ほんとに塩の味しかしなかったりで、難しいところです。

タイトルとURLをコピーしました