北海道の「六花亭」から冷凍十勝強飯、ほたてまん

スポンサーリンク

「六花亭」の冬は魅力的ですね!

チョコのハイシーズンでもありますし、クリスマスやバレンタインなどの限定商品も目を引くため、本来ならばバンバンお取り寄せしたいとこよ。

でも、生憎、我が家のお菓子棚は常に過剰在庫になっていたため、今回はニッチなしょっぱ系を中心に注文してみました。

まずは、おこわ!

「六花亭」はおこわまで作っているのかって、意外だったのだけど、なんでも喫茶室の定番軽食になっているんだそうな。さらには昨年秋から、毎月1日に店頭で月替りおこわを販売する ”朔日強飯” を販売する企画もスタートしているんだってさ。

通販商品は十勝、栗、ほたての3種類。家では蒸しちゃうけど、パックごと電子レンジにも対応です。

各種人数分買いましたが、1パックの食べごたえがあるので、汁ものでもちょいと添えれば、これだけでも立派な1食になりますね。

十勝強飯は道産のもち米に、塩ゆでした白花豆、大豆、小豆、金時豆、黒豆、枝豆がボロボロ入って、もっちり質実剛健な仕上がり。なるほどこうして見ると、北の大地で育った、らしい商品になっているなと感じます。

栗もボッコリ入って魅力的ですが、お味的な一番は、やはりほたてかな。しめじとともにホタテのフレークがたっぷりと入って、じゅんわり旨味が染みてますよ。

中華まんじゅうも作ってるのか!

サイズは小ぶりなコンビニサイズ。肉まんとほたてまんの2種類です。

右手の肉まんは、甘い肉そぼろにたけのこ風味でほの和風。

どちらか一つ買うのならば、やはりほたての方を推したいですね。

豚肉ベースへホタテをちょい加えた的なものではありません。なんと、メインの具材がほたての貝柱で、それを若干の魚すり身で脇から支えるような構成。ゴージャスなお饅頭になっていますよ。

地元の中華街でもいろんなお饅頭を売ってますが、こういうのは初めてだわ。

甘いものもあります。

柏手焼はたい焼きの柏葉版。

まずはレンジで温めてから、トースターで焼けって手順で、メンドクセェなぁと思ったら、ちゃんと表面サックリに仕上がりました。あんこもやはりおいしいですね。

我が家では冷食の大判焼きもよく買いますけど、その上位互換的存在。

これはまだ食べてないんだけど、やはり喫茶室で出している定番メニューらしいです。

バターを死ぬほど塗りたくって食えとの余計なお世話栞が挟まってます。

私だって、そうしたいさ!!!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました