石川の「かが・のと味自慢」からひゃくまん穀

スポンサーリンク

例によって、JAタウンからのお取り寄せ。

全農石川のネットショップです。

今回のお米はひゃくまん穀。

石川で開発された新品種で、大粒で食味の良いご当地米 “能登ひかり” をかけ合わせて作られたものなんだってさ。

主力のコシヒカリなどと比べると、晩生だから、時差で出荷できるメリットもあるらしいです。

粒はだいぶ大きく、きれいに揃っておりますが、ややシラタが多い印象。

炊いてみたら、おこわかな?ってくらい粘りがありますよ。

保水力が高く、時間がたっても、固くなったりパサつきにくいという特徴があるみたい。ただ、残ったお米をチャーハンにする用途とかには向かなそうです。あと、予め、お水少なめ、浸水短めにしとかないと、お水を吸いすぎる感じ。

お味は悪くないんですが、好みのタイプではなさそうです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました