スポンサーリンク

池袋の「刈包」で台湾風角煮

北口にある刈包のお店。

池袋中華街が話題になって久しいわけですが、通りをちょこっと歩いただけでは「ここってば、言うほどの中華街なのかしら?」とp疑問に思っちゃいますよね。

中国料理店の数は多いのは確かみたいなんですよ。それも日本人向けにローカライズされていないようなガチンコなのお店が。

ただ、横浜のようにいかにも分かりやすい観光街ではなく、雑居ビルの地下や、人目につきづらい上階に分散しているので、パッと見は侵食が分かりづらいのだと思います。

私もいずれは探検してみたいなと思っているの。でも、ピン訪問だと注文できる料理の量が知れてるし、ぶっちゃけ、若干のビビリもあって、未だままならない状況です。

その点、こういう路面の軽食スポットはとっつきやすくて助かりますね。お店は若い女子にもウケそうに作られていますですが、問題はこのあたりまで若い女子が入ってくるのだろうかというところだな!

看板の台湾バーガー、刈包です。

今回は角煮を挟んだ基本のものをいただきました。

長崎の角煮まんじゅうのように、包に 柔らかく煮えた豚バラを挟んだだけじゃないんですよ。肉の上にピーナツ粉と砂糖が振りかけられており、更に唐辛子や漬物も入って、甘、辛、酸っぱいという複雑なお味が楽しめるのです。これは良いですね~

おいしい。ただ、一食に足るサイズではなくて、やや割高なせいか、どっちかっつーとお隣のケバブ屋の方が人気でしたね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました