2018年のネット購入福袋

さて、2018年福袋レポートの締めはネット通販編です!

締めといいつつ、数が多いので2回に分けますね。

近年、ネットでの福袋商戦は前年の11月から始まっています。

特にデパート各社は福袋の事前通販をいよいよ本格化させており、高島屋などは当日の店頭と遜色ないくらいのラインナップになってきましたね。商品も一気に発売するのではなく、何段階かに分けて投入したり、消費者の興味を途切れさせない作戦です。

販売価格は店頭と同じで送料も格安ということで、本来ならば、わざわざ混雑する初売りなんかに出かけなくても良いような気がしますね。でも、違うんだよなぁ。

まっこと不思議なもので、ネットでは微塵も買う気が起こらないんだよ!!
やはり、福袋というものは初売りの空気というか狂気の中でこそ輝くのではないかと思います。

平常心で吟味したら、ぶっちゃけ、いらねぇんだよ!福袋!!

その他、通販サイトの福袋に関しては、やはり楽天での取扱数が一番ですね。追い上げるヤフーは思ったよりも力が入っていませんし、Amazonでの取扱もほとんど増えておりません。

ファッションの福袋はZOZOなどを通じて買う人も多くなっているのかな?アパレルに関してはショップ独自のアソートをする袋は少なく、メーカーから供給されるお決まりを販売するだけなので、どのルートで買ってもたいていは同じ内容です。

食品に関しては、日頃ひいきにしている”硬い”ショップがあるかどうかに尽きますね。
ちょいと検索すれば数多ヒットするわけですが、ブランドに担保されていない未知の福袋が信用できるのか。

たいてい痛い目を見るという部分で昭和懐かしの福袋体験ができるともいえますが、いかにも楽天的なお店は避けたほうが賢明でしょう。

個人的な興味でありましたが、近所のスーパーで売っているような福袋も買ってみたいなとずっと思っていたのです。

しかし、いくら福袋マイスターといっても、太った身体は一つきり。
どうしてもデパート初売りのインパクトには敵わず、参戦はできておりませんでした。

しかし、今年はLOHACOを通じて、大手お菓子メーカーの福袋を幾つか注文することができましたので、ご覧いただきたいと思います。

ほんとはもうちょっと土臭いもんが面白いんだけどね。

カスタムフィールド