スポンサーリンク

横浜そごうの「賛否両論 横浜茶寮」で福袋

そごうの初売りは例年通りすぎたため、早々に見切りをつけて、帰宅モードに入った私です。

我が家では、もうおせちは作らないし、年末年始も身軽に動けるよう、食品の買いだめもしない方針で臨んでいたのですが、それもそれで、元日にお雑煮食ったら、後はろくに食べるものが無いという危機状況となっておりました。

そんな時、目に入ったのがこちらの福袋。いつも店頭で売られているお惣菜に、いくばくかのお正月要素も入っており、それっぽく絵皿に盛り付けるだけで、元日の夕食の体裁が整ってしまいましたよ。ほんと、助かったわ。

おせちは作るのも手間だし、出来合いはクソほど高いしで、困ったものですよね。練り物なんかは高騰する年末の相場でなく、年始のかまぼこ屋福袋で調達するのもありだと思っていますが、そこまでして食べたいものかというとそれも疑問。

そもそも、おせちというか、日本の縁起物って、たいていダジャレ発祥じゃん。あんまり崇め奉らなくてもいいんじゃねーか? こちらの袋のようにこなれた値段で、悪くないお味の惣菜を見繕う感じで十分なのかなと思いますよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました