「一正蒲鉾」のうな次郎

うなぎの稚魚が絶望的に獲れなくなってしまったということで、
界隈が大変なことになっておりますね。

まさか、うなぎが食べられない生活に・・・と、私も一瞬青くなりましたが、
そもそも、前に食ったのがいつなのか思い出せないくらい食えてないのだから、自分にはあんま影響ないことに気がついて、顔色はさらにどす黒くなりました。

高嶺の花となったうなぎの代用品として、すごく話題になっていたのがこの商品。

当時は近所のスーパーに売ってなくて、お取り寄せも考えたほどでしたが、ブームもすでに落ち着いたのか、「あおば」で発見して買ってきました。

一正の製品ということで予想がつくと思いますが、
正体は練り物で、いわばカニカマのうなぎ版といったところでしょうか。

結論から言うと、うなぎでは無ぇです。
これはまごうことなく練り物のお味。

しかし、再現において、その工夫において、かなり頑張ったのがよく分かる仕上がりなのですよ。そのチャレンジをかいたい!

身のふっくら感と若干の小骨感。
ちゃんと皮がついていたり、この焼き目のテクスチャーもそれっぽいの。

ただ、代替品として、これでいいやとはならないよなです。
お味的にはコンビニやスーパーのダメうなぎにも届かない感じ。 

まぁ、カニカマをカニじゃないと言うような野暮ではありますが、
CGの世界でいう”不気味さの谷”のように、近寄った分、かえって違和感が残るような現象かも知れませんね。