マロニエゲートの「シンガポール シーフード リパブリック」でランチビュッフェ

11Fにあるシンガポール料理のお店。

有楽町もすっかりご無沙汰してて、
マロニエゲート自体、初めて入る体たらくなんだけど、

なんなんだ!この過剰なまでのランチビュッフェ林立は!
若きデブなら狂喜乱舞のバイキングデパートじゃないか!

ここはシンガポールの有名3店が協力して出店した政府公認のシーフードレストラン!

・・・なんていうといかにもハッタリが効いてるけど、
運営はおなじみの飲食会社で、直営でも何でもないからな!

中はシンガポールっぽい白塗りで、
それなりのくたびれが見え始めているんだけど、
大きな窓からはちらっと皇居方面が見えたり、開放的な雰囲気よ。

休日のお昼は若い女子たちで賑わっていたな。
それっぽい外国の方もチラホラみえてる。

ランチは基本的にビュッフェの営業らしい。

品数は多くなく、これといって派手な目玉もないんだけど
すでにファイターでも何でもなくなっている中年には、
むしろ調度良いくらいの規模かもしれないわ。

シンガポール料理って、いまいち馴染みがないんだが、
ほのかに南国的な中華料理ってイメージでいいのかしらね?

ちなみにこのお店の名物は
店頭にも置いてある活きマッドクラブを使ったチリクラブなんだとか。

ビュッフェにはチリクラブ・・・のソースのみが出品されていて、
パンにかけて食えっていうみみっちさ。

でも、甘み、辛味、酸味が面白いバランスで、
ソースをナメるだけでも、それなりに食えるから悔しい!

麺飯物はこんな感じ。

海南鶏飯も食べ放題なんだけど、
大ぶりに切られた蒸し鶏だけがどんどん減っていくな。

ココナツエビ風味の汁そばラクサは注文の都度作ってくれる仕組み。
麺は平米麺を使っていて、お味はかなりマイルドな仕上がりかな。

地味な野菜カレーや、香港風の焼きそばがイケるよ。

カヤコーヒーゼリーなんてものもあるんだが、
カヤコーヒーやカヤトーストなんかも食えるといいね。

デザートも特に目立つものはなかったんだけど、
お料理全般も含め、お味はそこらのビュッフェ水準を越えてると思う。
おいしかったよ。

お皿を頻繁に下げてくれるようなサービスではなかったのだが、
料理の補充はちゃんとしてたし、銀座ランチとしては決して高くない価格。

エスニック目当ての向きには若干に弱いかもしれないけど、
選択肢の一つとして押さえといてもいいお店かなぁと思ったな。

レクタン大

コメント

  1. マル より:

    恰幅さんが「カヤジャムが買える」と教えて下さったので、ブュッフェを食べてカヤジャムも買って来ました~♪
    こちらのカヤジャムもとても美味しいですが、ココナツよりもパンダンの味&香りが強くて、あの「菓耶トースト」のカヤジャムとは違いますね。「菓耶トースト」のは、ココナツの香りの記憶があります。

    こちらのブュッフェではカヤトーストは無かったので、次回はカヤコーヒー&カヤトーストを食べに行きたいと思ってます♪

  2. 管理人 より:

    >マルさん
    いろんなメーカーのものがあるんでしょうね。
    ヤクンの方も「菓耶トースト」とはまた違った風合いかも。
    甘いコーヒーと共に懐かしいです。