有楽町の「東京會舘 スィートプラザ」でプティフールロワイヤル

お堀端にある紳士淑女の社交場。

今回はとあるお菓子を買いに寄ってみました。

東京會舘かぁ。

周辺も再開発されたり、外資ホテルも入ってきたりで、
今となってはすっかり地味な存在になってしまったよね。

昔、何度か利用したことはあるのですが、
痩せていた当時はまったく目が行きませんでしたよ、伝統の銘菓に。

最近、なにかの雑誌で見かけてさ、
これは美味しそうじゃんて、トキめいたのさ!

半生ミニ菓子プティフールのつめあわせ。

一部デパートでも買えるようですが、
このプティフールロワイヤルは本館ショップ限定商品とのこと。

これでも一番小さいのにしたんだけど、
こまいのがみっちり詰められている美学ってあるよね!

箱には4種類入ってて、
右からオレンジ、りんごパイ、パイン、マロン。

ベースは真面目なバタークリーム&真摯なバターケーキ。
飾りも繊細だし、手が込んでると思うな。

中でも気に入ったのが、チョココーティングされたパインのケーキね!

オレンジやレーズンはともかく、
パインの甘煮が入ってるケーキって意外と少ない気がする。
これがやけにいい香りに煮詰まっていて、おいしいんだわ。

昔から東京會舘のお菓子をいただいていたわけでもないのに、
それどころか、駄菓子で貧乏に育ってきているのに!

どういうわけかとても懐かしく、
また上品で親しみやすいお菓子達!

これはとても良いね。
洋菓子文化遺産に指定したいくらいだ!

もちろん自分で食うのが一番だけど、
差し上げものにもいいし、会合のお茶に配っても喜ばれるだろう。

上京土産にオススメよ!

レクタン大