マロニエゲートの「ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド」でランチビュッフェ

マロニエゲートにあるタイ料理のお店。

チャレンジし続けて、はや数回目・・・
お目当てのランチビュッフェは未だに人気らしく、
いつも長い行列ができてたんだよね。

やっと入ることが出来ました!

タイのシルク王のブランドだってのは聞いてたんだけど、
ジム・トンプソンさんて、元アメリカの諜報員で、
晩年、謎の失踪を遂げたまま、行方知れずなのか!

つーか、その後の会社は誰がやってるんだよ!?

かの国では半ばレジェンド化されているらしく、
店の入口を入ると”帰ってきたジム”みたいな冒険小説が置いてあったりして、
トンプソン氏の物語はなかなか面白いことになってるみたい。

今回は週末のランチに寄ったんだけど、やはり満員。

でも、いい加減、腹をくくろうとリストに記名して、
1時間くらいハンズで買い物してからの入店となりました。

お店は窓っぺりで明るくモダンな雰囲気。
ただ、細長く奥行きの無い構造で思ったよりも狭かったな。
なるほど、行列は人気というかキャパの問題だったのかも。

ビュッフェの台も狭いため、お客は一方通行のコンベア状態。
ちょこっと料理を取るのにも行列しなくてはならない状況よ。

店員の対応もあんまり良くないんだよね。
お皿なんかも洗い残しがあったりして、ちょっとイマイチな印象かな。

ラインナップはタイ料理の定番が中心。

整った仕上がりだし、食べてまずくはないんだけど、
異国料理を食べるワクワク感はやや薄めかな。

トムヤムクンにほとんど具がなかったり、
ちょっとチープな仕上がりではあるね。

お料理の補充は頻繁に行われるのだけど、
この2枚でほぼすべての種類を盛りきっているので、
「贅沢フルブッフェ」というには寂しいと思うな。

これで何か一品でも名物料理があれば、印象も違うのだけどね。

デザートはこんな感じ。

お味は決して悪くないと思うけど、
それも特筆するような話ではなく、
サービスや居心地、オシャレさも並って感じでしょうか。

界隈にはほぼ同内容で、よりリーズナブルな競合店もあるので、
正直、次はないかなという感想かな。

ジムさん、どこかで幸せに暮らしていたらいいよね。

レクタン大