東村山の「麺屋宗 とりそば総本店」で味玉塩らーめん、よだれ丼

駅前にあるラーメン屋さん。

夕食どころを検索して、引っかかったお店だよ。

本店は高田馬場にある人気店で、
なんと柳宗理の親戚がやっているんだそうだ。

こっちのお店は特に凝ったデザイン性は感じねーけどな。

この日、カウンター数席の狭い店内に、先客はおらず、
店主もなんか暇そうにしてたんだわ。

一瞬、店選びを失敗しちゃったかなと焦ったんだけど、
リーマンやらがたちまち現れて、あっという間に行列を作ってしまったよ。

たまたま運が良かったんだろう。

麺は固めを頼んだら、
ゴッツリな茹で具合で出てきてびっくりしたけど、

いや、このラーメンはえっらく旨いな!

綺麗でしっかりとした旨味があって、文句なしのスープ。

濃厚な味玉や鶏チャーシューなど具もいい感じ。
そうだよね、こういうスープの場合、鳥のほうが違和感なく馴染むよね。

醤油は魚介系の風味も強く、やや甘めなタレ。

ご覧のとおり、こっちも間違い無く旨いんだけど、
もう少し引き算したほうがさらに旨くなるような気もして、
どっちか一つ選ぶ場合は、塩を推したいな。

サイドのよだれ鶏丼も良い感じじゃん。

柔らかな鶏肉にピリ辛辣油が絡んで、
たっぷりのご飯も進んじゃう感じ。

このクオリティのお店が、この街にある奇跡だよな。

レクタン大