池袋の「キッチン チェック」でポークソテー

ロサ会館に入る洋食店。

ちなみにロサはバラの意味っていう昭和のセンス!!

池袋はあまり馴染みのない街あります。
ごくごくたまに降りるとしてもサンシャイン側で、西口は歩いた記憶がありませんね。

しかし、さっきから妙な既視感が漂っており、どことなく落ち着く感じもするのですよ。

うーむと考えてみれば、なんか街の感じが蒲田っぽい!そう、ここは都会化した蒲田なんだということで、腑に落ちました。

さてさて、西口近くの総合アミューズメント施設であるレトロでシック?なロサ会館は、こんな一等地にあっても、建て替えなり、リニューアルなりの気配が見えないところが、新宿でも渋谷でもない池袋らしさなのかなと思います。

そんなロサ会館に開業当初から入っている洋食店ということで、店内もだいぶ使い込んだ風。

お店は熟練のコックさんたちが手際よく動く調理場を、カウンター席がぐるり囲む構造です。

定食に味噌汁がついてくるような大衆洋食店でありますが、メニューはややグリル寄り。某ABCよりもほんのり大人な値付なので、客層も若者というよりはお父さん方が目立ちますよ。

ポークソテーは程よい厚み。

マッシュルームがたっぷり入るソースに干しぶどうのアクセントがあるとこが、帝都のキッチンだなぁと感じるポイントです。

こちらはビーフシチュー。

お肉は柔らか。
ソースはこってりと洋食トラディショナルな味わいです。

ただ、付け合せのクタリ具合なんかに気やすさが出てますよね。

いいんじゃないでしょうか。