池袋の「楊 2号店」で汁なし坦々麺

東京芸術劇場近くの路地裏にある四川料理店。

現地っぽいお料理が気さくに楽しめるお店と聞き、長らく宿題欄に入っていたのですが、ちんたらしてるうちに”孤独の”ブームも大爆発して、もはや入店もままならぬ繁盛ぶりです。

その後、近くに別館もできてましたが、どちらも仕事帰りのリーマン客で早くから満席状態が途切れませんでしたわ。

スナックを居抜きで使ってるような小さなお店なのよ。
今回は狭いカウンター席になんとか滑り込んだ関係で、ゆっくりいろいろ試せる余裕はなかったな。

メニューは四川を中心にだいぶ絞ってあります。
オススメのものには”楊特製”と書いてあるようなので、そこからちょぼちょぼピックアップしてみました。

四川風麻辣鶏肉は、たっぷりの唐辛子と一緒に揚げる例のやつでした。

鶏肉はちんまりしていますが、香ばしく揚げてあり、イケるおつまみです。

毎回思うんだけど、この唐辛子もったいないよね!
いや、見た目華やかだし、必要なんだろうけど、どげんかせんとって思っちゃう主婦感覚です。中華の人は再利用したりするのかな?

看板の汁無し坦々麺は完璧なルックス!
混ぜ混ぜして、ミートソーススパみたいになったのも撮っとけばよかったなぁ。

言わずもがな、これを目当てにはるばるやって来たわけなのですが、ちょいイメージとは違いましたね。

重いのよ!

皿の底にはたっぷりのごまペーストとラー油。
コシ砕けな向こう風の白柔麺が、これらの油分をまとって、もう箸を持ち上げるのも重いくらいになっちゃうの。

辛さよりもなによりも、このモッタリ感に苦戦しましたわ。

そうか、これが本場のチューンなのか。

個人的にはもうちょいキレやコシ、汁っ気なんかを求めてしまうな。
チュルンとニュルンと食べたいな。

こちらは水餃子です。
肉とニラのシンプルな具ですが、このお店では餃子が一番おいしかったかも。

ぷっくりと、スープをたっぷり含んでさ!
黒酢と自家製ラー油でもって、もうサイコーなのですよ!

ただ、辛いのの前に持ってきてほしい!
すでに細かい味分かんなくなってるから!

黒酢香腸炒飯。

文字通り腸詰を使ったチャーハンなのですが、黒酢を効かせることにより、さっぱりと食えるチャーハンという、メタボ界を震撼させるクリーチャーが爆誕してしまいました。

お米は固めに炊かれており、腸詰の甘みと黒酢の甘みとの相性もよく、なかなか面白い一品でした。

まぁでも、遠征はせず伊勢佐木町あたりでやっつけても良いかなって感じ。

コメント

  1. アリーマ より:

    最近仕事で何度か池袋に出入りしております。
    楊は十条の店には実は何度か行ってて、同じじゃないのかもしれないけど、確かに横浜からの遠征価値はないかも、てところは同感です。

    しかし池袋、東北系の中華はやっぱり侮れないと思います。
    ワタシはごくオーソドックスに『永利』が大好きです。ちょい高めなのとポーション大き目で一人だとやや使いにくいけど、全体に上品で丁寧なお料理。遠征価値まであるかどうかは何とも言えないけど、水餃子は楊よりチュルっとした感じで好きだったなあ。

    横浜はどうも東北系が弱いので、あの辺に行ったら水餃子+αを求めてうろつく価値はあるのかも?

  2. 管理人 より:

    >アリーマさん
    いわゆる池袋中華街にはほぼノータッチでした。
    横浜よりも現地人向けが多そうだし、気になるお店もピックアップしてはいるのですが、池袋遠くって!!