池袋の「タカセ」でカジノ

西口にあるパンと洋菓子のお店。

池袋駅前の一等地にお店を構えているとはいえ、この人気は立派です。

いかにも野暮ったい昭和スタイルのベーカリーなんだよ。しかし、実直に商売を続けているうちに、流行は一周りして、むしろ新鮮な価値として浮かび上がってくるのです。

もちろん、単に長くやってればいいってもんではなく、その間ずっとファンに支持され続けたことが重要なんだろうけどね。

この類の商品は、作り手の加齢とともに、枯れてしぼんでいく傾向にありますが、ここタカセにおいては、いかにも池袋らしい暴力性を抱えたまま、強いインパクトを放っております。

この中では、右下のカジノがすげぇから!

今回はハーフサイズを買いましたが、本来は白黒が2本ずつ入るのがデフォ。チョコの方はカスタード、砂糖の方はホイップが アップルとレーズンのコンポートと共に挟まっており、極めて甘く、食べごたえのあるパンなのです。つか、もうお菓子だよな。

なお、店頭のパンはだいたいこんな感じでグッダグダになってるんだけど、細かいコンディションなどもはや関係なく売れているのが、池袋だな。

えらく安いスポンジカステラは、逆にお菓子よりもパンに寄った気さくな風合い。でも、パンだとするとすごいリッチな風味。また、コレを土台に、自宅で母娘がデコレーションするのも楽しいだろうね。

武蔵野の匂い漂うよもぎパン、ほんのり甘いはちみつパン。

よろしき買い物ができました。