池袋の「キッチンABC」でカレー風味焼肉

スポンサーリンク

ジュンク堂の脇道にある洋食キッチン。

安い、早い、旨い! 私、このお店が大好きなのよ。

もともと町場の洋食が好きな私。あんまりカッコつけないキッチンスタイルが庶民肌に馴染みまくりなんだよね。東京には「キッチン南海」「キッチンジロー」「洋包丁」みたいに、幾つかの支店を展開する洋食屋さんがあって、どこもズバンとストライクなんだけど、特に好きなのがこのABCです。

BGMのアイドル歌謡やポップな色彩にも若干引っ張られてるのかもしれないけどね。池袋の若者で溢れている店内に、気さくな親しみやすさや、活気、ハリみたいなものを感じて、お腹いっぱいになるだけでなく、ちょっと元気にしてくれるお店です。

今回はカレー風味焼肉をいただきました!

これは、かの寺門ジモンさん考案のメニューなんだってさ。どうせ、あれでしょ?スタミナ焼にちょいとカレー粉を振ったもんでしょ?なんて勝手に値踏みして、後回しにしておりましたが、実際食べてみると、印象違うのよ。

とにかく、このお料理には、わかりみしか感じないわ!ジモン兄さん!

蕎麦屋とか中華屋でちゃちゃっと作るカレーがあるでしょ。具のお肉はたいてい豚バラなんだけどさ、あれをすくい取って、おかず側にグイッと引き寄せたようなお料理なんだよね。

まぁ何を言ってるんだか、わかんないと思うけど、とにかく、一度食べてみると、甘辛な焼肉ダレとカレーが混ざりあった絶妙なお味に、目がくわっと開くと思うのです。もちろん、否応なく白飯にあいまくるからね!

こりゃガチですわ。 芸能人の知名度を利用したネタメニューなぞではなく、オリジナル名物料理の多いABCのメニューの中にも、しっかり食い込んでくるだけの価値がありますよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました