池袋の「天丼ふじ」で天丼

スポンサーリンク

駅前にあるインディーズの天丼専門店。

一度入ってみたいなと思っていたお店です。

北口を出てすぐの場所。

対面エリアが池袋中華街としてじわじわ紅色に染まっていく中で、安価な丼専門店をツッパっている点、ど根性みたいなもんを感じますね。

店内は相当使い込まれた風。手狭なコの字型カウンター席は黙々と飯を詰めるオッサンたちで埋められておりました。

天ぷらは奥の厨房で職人さんの揚げたてです。この日は給仕のお姉さんが初々しくって癒やされましたわ。

基本の天丼のタネは、エビ、キス、イカ、春菊、海苔、ししとう。春菊の緑と、紅生姜の赤がいい彩りになっていますね。

天ぷらは見た通りのクリスプ系でありますが、やや油切れの悪さがあり、ご飯や味噌汁も含め、実に大衆的な仕上がりといえます。

となると、避けて通れないのは「てんや」と比べてどうかという疑問であるわけですが、ここは冷静な比較よか、このお店のある風景の中で、どんだけの時間を過ごしてきたかという、この街とのつながりを問われるのではないかと思います。

ビジターの私は「てんや」でもいいっちゃ、いい。

つか、加齢の影響で天ぷらの油が重たくなってきているから「てんや」も勘弁の方向でよろしくです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました