池袋の「タカセ 喫茶室」でチョコレートパフェ

スポンサーリンク

パン屋の2階にあるレトロな喫茶室。

池袋駅前の一等地において、このような遺物が維持されていること自体、何より貴重なのです。

ただ、設備に関しては相当くたびれているので、いずれ訪れる更新をどう乗り切るのかは心配よ。

老若男女のお客さんが次々と訪れる大盛況だけど、そうそう儲かるわけでは無さそうだからなぁ。

まさにチョコレートパフェとしか表現できない、チョコレートパフェ。

昭和な食品サンプルの原型になってそうな出で立ちです。

きょうび、なかなか出てこないからよ。なんか足したくなっちゃうもん。

今季最後、というか、まだ出してたんだという、かき氷に滑り込みです。

もちろんオーソドックスなイチゴやメロンもありますが、ここはタカセ自家製シロップを使った氷生いちごをいただきましょうか。

つか、崩さず食べるのはまず不可能な氷山盛り上げ。この上、アイスまで乗せられるらしいのだから、どうなってしまうのだろうか。無茶が過ぎます。

氷はクラッシュタイプ。生のいちごが埋め込まれておる他、ジャムの一歩手前くらいに煮詰めたシロップ、さらに市販のいちご味までもが追いがけされている関係で、なかなかカオスな様相よ。

ヘタに洗練はしないぞという、タカセイズムを感じるかき氷でした。

パンもいくつか買ってきました。

腹に渦巻くスポンジケーキを抱くアポロなど、やはりこのお店でしか見られないようなオーパーツが魅力です。

あと、アーモンドチュイルがめっちゃ好き。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました