神保町の「みかさ」で神保町やきそば

白山通りにあるやきそば専門店。

やきそば界のニューウェーブとして、ちょっと前に話題になっていましたよね。

もちろん私も気にしていたのですが、いっつも行列してるしさ、
周囲には魅力的なお店が数多誘う神保町ですから、後回しになっておりました。

そろそろブームも一段落したのか、それともたまたまなのか、
この日は店頭に人影無く、スルッと入れちゃいましたよ。

カウンターのみの店内は狭くて小汚い感じだし、空調も貧弱です。
それでも、リーマン達の支持は未だ厚いようで満席ではあるんだな。

専門店らしく、メニューはソースと塩のヤキソバ二種類にエビイカのトッピングのみ。
また、大盛りも無料で受けてくれるようです。

調理は数人分をまとめて行うみたいね。
奥の鉄板でもって、2がかりでワシワシ焼いておりましたよ。

もしかしたら具材と焼き上げるというよりは、麺だけやっつけて、作り置きの具と合わせる感じかも。

こちらはソースの大盛り。

潰した玉子が良いし!
なかなかうまげなルックスなのでテンション高まりますね。

平打の太麺は自家製なんだって。
蒸し麺でなく、茹で上げたものを使っているため、ソースを纏ってネットリとした口当たりになっています。

その辺が新しさなのかな?

ただ、これは好き好きな気もするな。
ヤキソバとしてのキレがなくて、焼きを失敗したようにしか思えなかったわ。

ソースはクミン的なものも香るスパイシー。

こちらは塩の大盛り。

塩は特にグダ感が見えてしまうかも。
同じグダでも、我々横浜のチャーメン文化で育っている者にはやっぱ物足りなくもあるなぁ。

もしかしたら、東京のヤキソバ界は未開のフロンティアなのかもしれないね。
下手にラーメンを志すより、余程可能性があるのかも。

ちなみに卓上に辛ソースなどもあり、ソース味っぽく修正することも可能。
その他、紅しょうが、からしマヨ、イカ天かすが自由に入れられます。

なお「真打ち みかさ」は無関係とのことです。
いろいろ大変だよね。