神保町の「立川マシマシ 5号店」ですごい冷やし中華

スポンサーリンク

靖国通りの裏手にある二郎インスパイア店。

御茶ノ水の駅前にあったお店が、老朽化のために移転してきたようです。
こちらの店舗も元は二郎の神保町店だった場所なんだよね。

御茶ノ水時代はかなり集客していた印象でしたが、お店自体はずいぶんと狭くなってしまいました。

提供物も表向きはライスものとカレーうどんのみに絞られており、長い行列ができるお向かいに比べると、だいぶ落ち着いた印象です。まぁ、それでも、メインタイムにはちょい列ぶみたいだけどね。

この日は ”人類の理想” と書いてあるデブ食、焼き肉重を食べに入ったのですが、券売機の前で突如気が変わって、冷やし中華にしてみました。

つっても、具の構成は重と大きく変わらず、飯か冷麺かの違いかな。

具の下には二郎っぽいワシワシ系の太麺が隠れているのよ。これを冷やしで食うのは初めて!いやいや、なかなかに食べごたえがあって、こういう冷やしそばは新鮮です。

その上、麺は500gまで増量可能なんだってさ!
ボリュームがイメージできなかったので、デフォの200gで様子みたんだけど、300gくらいなら普通に食えたかもね。

乗っかってる豚の甘辛焼き肉は、実にわかりやすい馬鹿なお味で、これはむしろご飯で食べたかったかも。タルタルは軽めのマヨと玉ねぎで、見た目ほど重くはなく、後口をガリでさっぱり。

ただ、麺量が足りなかったせいか、味が濃すぎて、ちょっと大変だったわ。

もうちょっと控えなバランスで作ってくれれば、更に旨いのにな。でも、この過剰なくらいの力押しがG系の魅力なのか。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました