京急蒲田の「とよじ」でかきあげ天せいろ

駅前のロータリーにできた蕎麦屋さん。

ほら、この辺て、ろくなお茶処がないじゃん?
お姉さんの手作りスイーツで癒やされるようなステキカフェがないじゃん?

一服したいなと思って見渡すと、蕎麦屋が目に入ってきたのです。
コーヒーとそばつゆって色似てるもんね。アリだよね。

椅子付きの狭いカウンターが奥まで続いており、食券を買った後、出腹を引っ込めつつ席につきますよ。

石臼挽き蕎麦などと厳っていますが、実際はちょっと良い立ち食いそばの位置だと思います。場所柄、くたびれたオッサンが多く、皆、無言で蕎麦をすすっておりました。

製麺は例のニュルニュル押出しタイプ。
注文後に茹で始めるので、提供までちょいかかります。

かきあげ天せいろにしました。
なぜか、冷やしタヌキより安いという謎メニュー。麺の量かな?

お蕎麦はシュッと締められており、まずまずです。
長手せいろに入り、やや少なめに見えましたが、食べてみると1人目の十分量。ただ、本気のお食事では替えもりの追加も安価に対応しています。

つゆは甘辛。

ヤサイの切れっ端のかき揚げはバッキンバッキンの揚げ置きで、具の味をサルベージ出来ないので、温麺で衣をふやかす目的でなければ、おすすめはできませんな。

レクタン大